「ほっ」と。キャンペーン

あたらしいお部屋、とりあえず予約しました (New Blog)

お部屋の名前はPineapple Lampといいます。
実在のランプから名前を取りました。
私のすぐそばに、そのランプが転がっています。
友人が、スペインのおばあちゃまからいただいたそうです。
そして、友人はこれを私に是非もらってほしいということで、両手に抱えて、我が家に持ち帰りました。
それはパイナップルの形をしているのです。
古いランプで、いぶし銀の飾りがついています。
そのおばあちゃまの物語を想像しながら、見つめています。
暇な時に天井に取り付けようと、考えています。

というわけで、とりあえず新しい縄張りにマーキングだけしました。
[PR]
# by oekakimonkey | 2007-08-15 22:25

本日閉店

d0096964_147479.jpgこのブログ、早くも30MBに達してしまいましたので、これを機会に”らくがき画廊”はしばらく閉店させていただきます。
素敵なコメントを残して下さった方々、リンクさせて頂いた方々、さらに、このブログに立ち止まって読んで下さった方々、本当にありがとうございました。
皆様の人生が良い方向に向かいますよう、カリフォルニア空の下、心よりお祈りしております。
それでは、またお会いできる日まで。

Ciao!






Dear my friends,
Lately I have been overloaded with stuff, so I am going to close this blog for a while.
Thank you for stopping by my blog.
I hope you all are well.
Thank you.

See you soon.
[PR]
# by oekakimonkey | 2007-08-09 22:38

すずしい一日

何でも、ニューヨークでトルネードが発生したとか。
それも以前起きたのが、もう50年ほど前のことだというから、何かやはりおかしい。
そうなるとカリフォルニアは最後の楽園か?
大体、カリフォルニアンがいうことには、どこにいってもここほどの極楽はないから、すぐこの気候にもどりたくなるという。
そんな楽園に、私、こんなに早く来てしまっていいものだろうか。
何だか、スポイルされているような気もする。

今日はとてもすずしい一日だった。
気温音痴なので、袖無しを着て外にでたら、ぶるぶる。
スタジオについた頃には、頭痛がし始めた。
頭痛はどんどんひどくなって、吐き気までし始めて、がたがたソファに横たわっていた。
ラバーヌが言うには、彼女もアレルギーの時期にはそんな頭痛がするというのだが、私もアレルギーがあるのかもしれない。
夕方にはいつもVIVIにピアノのレッスンをしているのだが、薬を飲んでも効かないので、ハノン、バッハ、メンデルスゾーンなどの曲に書き込みで、これを何回などと入れておいたが、時々アッシュと遊びながら、どうも適当にやっているようだった。
声出すのもおっくうなので、体をよじりながらピアノの音を聞いていた。
薬を飲んで、少しよくなったので、この位の日記はかけるようにはなった。
私の母はとても健康で、彼女が寝込んだのを見たことがない。
だから、母というのはオールマイティーだと思っていたくらいだ。
それに比べて、私ときたら、しょっちゅう、寝込んでいるような気がする。
とにかく、母親にとって、健康は第一だ。
[PR]
# by oekakimonkey | 2007-08-08 22:54

消えたナイフ

d0096964_1353613.jpg
八月になると、よく不思議なことが起きる。
台所で私が一番良く使っていた日本の包丁が突然消えてしまったのだ。
まるでブラックホールに吸い込まれたかのごとく。
昨年の八月にも猫の顔をした栓抜きがやはり突然消えてしまった。
この季節になると、一時的な記憶喪失になる、なんて思いたくない。
とにかく、どこを探しても出てこないので、とうとう諦めて、新しいナイフを手に入れた。
Sanelli knifeというのだそう。
このナイフの切れ味の良い事!
それから取手が緑とオレンジがかった赤で、キッチンに立つとすぐ使いたくなるのもいいかもしれない。
というわけで、カッティングボードの上で、大いに切りまくっています。

d0096964_13414614.jpgイタリアはコモ湖の近くにある山村で、ナイフを作ったSanelliファミリー

(Image from Google)
[PR]
# by oekakimonkey | 2007-08-07 22:51

秋を感じる

d0096964_13532839.jpgd0096964_13534535.jpgd0096964_1354028.jpgd0096964_13541430.jpgd0096964_13542836.jpgd0096964_13544338.jpgd0096964_1355034.jpg















月曜日の朝は起きるのがちょっとおっくう。
でも、いつものスケジュールにそって、一日を始めなくては。

ジムで、ボディーボールでのトレーニング。
インストラクターを除けば、私とリンさんの二人だけ。
月曜日のこの朝の時間帯にクラスにくるのは難しいのかもしれない。
それに、このエクササイズ、かなりきつい。
でも、私の場合、右肩を以前傷めたのは、やはりその部分がかなり弱く、柔軟性に欠けていたことが原因の一つだと思うので、大きな絵をダイナミックな動きで描くには身体のトレーニングは大切だと、今ははっきり言える。
特に大きなショーの準備で、長時間描く時は特にそれを感じる。
それが証拠に大きなキャンバスに描いている友人達は体力作りをかかさない。
体はバネが入っているようにピシッとしている。
私はまだバネまでいっていない。 
今だポワ〜ンという感じだが、数年先をめざして、いざ!

私の知り合いの彫刻家、ビルは毎日すごい距離を泳いでいる。
しかも80歳だ。 大きな彫刻を作る彼には、さらなる体力が必要なのだろう。

その後、一旦家にもどってシャワーを浴び、スタジオに向かった。
気温がかなり下がって、このひんやりした空気の中で、すすきの穂が元気いっぱいに群生している。
私は靴箱の中から、ワイン色の靴を引っ張りだして、履いた。
今日は、サンダルではちょっと足が冷たく感じるのだ。
もう、秋ね。 

スタジオでは、ぽたぽたと絵の具を落としながら、たくさんの試みをした。
明日もう一度眺めてみよう。
その中から、次のアイディアにつながるものがでてくるかな?
[PR]
# by oekakimonkey | 2007-08-06 22:39

Lulu Carpenter's Cafe in Santa Cruz

d0096964_1414390.jpg

日曜日のカフェ。
みんな静かにお勉強。

私のCafe Latteは模様入り。
d0096964_142111.jpg

[PR]
# by oekakimonkey | 2007-08-05 22:18

The Scent of Green Papaya

d0096964_13352341.jpg
私の好物の中に、グリーンパパイヤサラダというのがあるが、今日のランチにそれを味わっている間、ふと以前見た”The Scent of Green Papaya"という、パリに住んでいるAnh Hung Tranというベトナム人監督が制作し、その妻が出演している映画のことを思い出した。

d0096964_13542795.jpgその映画は確か何かの賞をとったと思うのだが、一度、VIVIの学校で出会った、ベトナム人のお母さんにその映画がとてもよかったという話をすると、彼女は顔をしかめて、”あの映画は実際のベトナムを全く表現していない。 マジョリティーはとても貧乏で、あれはフェイクだ。 さらに、あの女優はあれで演技しているのか”とすごい剣幕で批判をし始め、私としては、共通の話題を見つけようとしていたところ、さんざんな目に合い、その時は何といったらいいのかと戸惑ったことがあった。
確かに一般のベトナムの日常を表現していないかもしれないが、あの映画に関して言えば、特にポリティカルなものでもないし、映画において監督が切り取る断面は、彼らの自由であろうに。
それより私は、あの映像の驚くほどのゆっくりしたリズムと、そのカメラの視線に自分が物を見る時の感覚を重ね合わせとても楽しんだのだった。

しかし、映画の話をするにも、アメリカではちょっと状況を見極めないと、と思った私でありまする。
失敗の巻。
[PR]
# by oekakimonkey | 2007-08-04 22:35

マカロンとアート

先日から、自分のコンピューターにログインできない私。
何度もパスワードを打っても拒絶されてしまう。 どうして?
というわけで、今は、間借り人のような気分で、VIVIのコンピューターを借りている。

さて、今日は例のマイケルがオープンしたギャラリーに行ってきた。
Redwood Cityのメインストリートは、車で素通りしたぐらいしかないけれど、今や、あちらでもこちらでもビルディングラッシュ。
多少曲がりくねった石の歩道に沿って、大きな樹木が植えられ、その中にカフェ、レストランが軒を並べている。
それを見て、私が何を思い出したかというと、スイスのローザンヌ!
そう、なぜか、ヨーロッパ風の雰囲気があるのだ。
将来、この町はよくなるわ、きっと。
他のところはちょっと画一的すぎるものね。

d0096964_13343737.jpgサンフランシスコにある"Betelnut"のオーナーが、今度はここに"Red Lantern"(赤いちょうちん)というレストランをオープンしたというし(マイケルの情報)、町を歩いていたら、"Pamplemousse"というケーキ屋さんがあって、そこには一つのガラスケースいっぱいに、ありとあらゆる種類のマカロンがその丸い顔を並べていた。

d0096964_0151223.jpgアニス、マンゴ、ローズ、チョコ、カカオ、ラズベリーとその色とりどりを箱に詰めてもらって、「はい、おひとつどうぞ!」とシャロンに差し出すと、日系ハワイ人の彼女、「う〜む、おいしい、これっておまんじゅうのようなものね。」だって。
(写真は車の移動でつぶれ気味のマカロン)

あ、そうそう、マイケルのギャラリーの話だった。 
おいてあるアートは主にミニマルアートで、白い空間の中で、白いアートは近くまで行かないとよく見えなかったけれど(笑)、とても清潔な雰囲気で、その中で、美しくて背の高い三人の女性がぴしぴしと働いていた。

彼はマイアミにも、いずれはギャラリーをオープンしたいというような夢を語ってくれた。

さて、その後、ラバーヌとスタジオに戻ると、昨日パリから戻ってきたばかりだというスティーブが顔を出した。パリには数ヶ月ほど滞在して、その間どこかの大学で写真を教えていたらしい、
そこでマカロンを差し出してあげたら、チョコマカロンを味見して、「う〜む、美味しい!」
彼は今度はフィリピンに行き、美術館のショー、その後、9ヶ月ほどそこの大学で教鞭をとるらしい。
こうやって、世界中で教えまくる彼。 いいな〜。

とりあえず、今日は一枚の絵を完成に持っていった、進歩のみられた一日。

(イメージはGoogleより)
[PR]
# by oekakimonkey | 2007-08-03 22:17

ガルシア.マルケスのエピソード

日本の実家に転がっていた本を読んでいたら、ちょっとおもしろい記述に遭遇した。
ガルシア.マルケスについてのいくつかのエピソード。

d0096964_14133383.jpg彼は世界のどこにいても、日曜日ごとに欠かさず母親に電話をかけていたという風に、その母親思いは有名らしい。 

カフカの”変身”を読んで、これなら自分にも小説が書けると思ったという。

仕事をするのは静かで暖かな部屋でなければいけない。

”百年の孤独”のアウレリャノ.ブエンディア大佐が死んだ場面を書いた時には、悲しみがこみあげてきて、寝床のなかで二時間泣いた。

彼の考える、理想的な一日というのは、朝の9時から3時まで仕事をして、夜は友達とにぎやかに雑談することだという。
友人との交流を、ことのほか大事にしているらしい。
(以上、ラテンアメリカ文学バザール、杉山晃著、参考)

”ガルシア.マルケスの物語の作り方”という本を読んでいると、そのプロのシナリオライターたちを、突拍子も無い大きな想像力で、巧みに導いていく彼の手際の良さに驚いてしまう。
彼の肉声を、私は聞いたことはないけれど、精悍な顔から浪々と響く男性的な声の持ち主だというイメージがある。
本当はどうなんだろう。

でもこのエピソードを読むと、彼のとても人間的でかわいい面も浮かんで来る。 
ふふふ。

今、ガルシア.マルケスの自叙伝(生まれた日から、奥さんにプロポーズをした1950年代までのもの)を読んでいるのだが、あくびばかりでて、ちっとも進まない。
まだ時差ぼけから完全に回復していないのだろうか? 

d0096964_14501937.jpg赤ちゃんの時はこんな顔。
おやまあ、かわいい〜!


(Upper Image from Google)
[PR]
# by oekakimonkey | 2007-08-01 22:48

切手

d0096964_14113942.jpgこちらでは、日本のような銀行通帳などない。
最初はびっくりしたものだった。
今になって思えば、私は銀行通帳が大好きだった。
あの銀行、この銀行とあまり入れてなくてもいくつか持って、鍵付き日記と共に、こっそり秘密の小箱に入れたりして。
その小さな薄いノートの可憐さ....(涙)

さらに、ここ数年になって、銀行からの自動振り落としも盛んになったものの、今だに支払いにチェックを切ることも多く、それを支払先に送るために封筒はかかせない。
そこに貼る切手は春になると毎年2セントづつ、何気なく上がって行く。
決して下がることはないのだ。 一体、いつまで上がるのだ?
昨年は39セントだったので、大量に買っておいたら、使い切らないうちに今年は41セントになっていた。
今日は日本の親戚のYちゃんに、誕生日のプレゼントのハンドバックを送ろうと、箱持参で郵便局に行った。
日本滞在時に、Yちゃんの作ってくれた夕食があまりにもおいしかったので、どうしても送りたかったのだ。
中味のハンドバックはイタリア製で、皮質も良く、市価は高いらしいのだが、何せ、アメリカ、アウトレットという強力な後ろ盾があって、お得値段でゲットした自慢の品なのだ。
地味で普通なのが好きという、若いのに渋いYちゃんのために、”地味”の意味が良くわからない私はいぶし銀のような半月形のバックで手提げのところが編み込みになっているのを見つけだした。
ある意味ではこの”地味”も一転して“派手”になるかもしれないとふと思ったりしたが、人に物を選ぶのってむずかしい〜。 
でも、もう送っちゃったもんね。
送料を払ったついでに切手も買っておこうとしたら、サンプルを見せられた。
スーパーヒーローのシリーズがあったのでとりあえず買った。
はて、どこの宛先に貼ろうか....市へのスタジオの賃貸料?
と、今日は眠いので、どうでも良い話題でした。 おやすみなさい。
[PR]
# by oekakimonkey | 2007-07-31 22:10